レーザー脱毛後のトラブル!肌が赤いのは危険?

効果的なムダ毛対策が行えるとして知られているのが、医療機関で受けられるレーザー脱毛。特殊なレーザーを照射することで効率的に毛の細胞を破壊することができ、見た目にキレイな滑らかな肌を手に入れることができます。

しかし、レーザー脱毛を受けた人の中には、肌が赤くなり不安を感じた経験を持つ人も少なくないようです。

赤いのは異常の表れなのか気になるところですよね。

原因はレーザーにより発生する熱にあり

赤い肌を見て不安になるのも無理はありません。しかし症状の正体は軽い炎症であって、通常は数日程度で消えてなくなります。ずっと残るようなことはなく、同じように赤みが出てしまう人も大勢いるのです。そもそもなぜ赤くなってしまうのかというその理由ですが、原因はレーザー脱毛の仕組みにあります。

レーザー脱毛は、体毛が含むメラニン色素に反応する特性を持つ、強い光を照射するのが特徴ですが、反応が起こることで熱が発生します。その熱によって毛の細胞にダメージを与えて破壊することができるのです。ところがその熱は、皮膚自体にも影響を与えてしまいます。

すると熱エネルギーによって炎症が起こってしまい、赤みが生じてしまうことも。言わば効果が発揮されている証拠でもあり、しっかりと熱が生まれていると判断することができます。それほど心配をするほどのものではありませんので、レーザー脱毛はこういった症状が出ることもある施術だと、予め理解をしておくようにしましょう。

特に赤みが出やすい部位

場所によって赤みの症状の出方は違っています。中でも赤くなりやすいのは、ワキやすね、男性のヒゲ部分などが挙げられます。こういった部位に症状が出がちな理由は、体毛の中でも特に丈夫な毛質を持つところだからです。

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応をすることで熱が生まれるとお伝えしましたが、毛質が丈夫なところは熱エネルギーが大きくなりやすいため、該当する部位に関しては赤みが強く出る傾向があるのです。

ただ、ずっと赤みが出やすい状態が続くわけでもありません。

脱毛が進んでいくことで、どんどんムダ毛は弱くなっていきますが、そうすると反応が減少して赤みも出にくくなるのです。赤みが気になりがちなのは、脱毛を開始した当初だけのことが多く、次第に気になりにくい状態に変化していきます。

赤みが出ずとも心配は無用

肌が赤いのは施術の効果が出ている証拠、こういった見方もあるため、赤みが出ると逆に安心感に繋がるかもしれません。ただ反対に、何も症状が出ないと不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。しかし赤くならないからといって、効果が出ていないというわけではありませんので、不安に感じる必要はないです。

赤みが出ない理由はいくつかあり、ひとつは個人差の問題が挙げられます。肌が丈夫な人もいれば弱い人もいますが、丈夫な肌質の持ち主ですと赤みが気にならないことも多いのです。逆にデリケートな肌ですと、人よりも刺激に敏感ですので気になりやすい症状が出てしまうこともあるでしょう。

同じ施術でも個々によって症状の発生具合は違い、赤みの有無だけで効果の違いを判断することもできないのです。照射レベルの違いによっても症状の出方は変化します。レーザー脱毛に使用するマシンは、照射レベルを細かく調整することができます。

当然、レベルを高くした方が効果は強くなる一方、肌への負担も増しますので赤みも出やすくなるでしょう。逆にレベルを低くすることで赤みは出にくくなるものの、脱毛効果も弱くなります。レベルの見極めは施術者が行ってくれますが、調整の仕方が上手ですと過剰な赤みを発生させることなく施術を受けることが可能です。

逆に見極めが下手だったり、効果を出すことを重視していたりすると、レベルを上げ過ぎて赤みや痛みが強く出てしまうこともあるのです。なお、照射レベルについて気になることがある場合は相談をしてみると良いでしょう。

例えば痛みが強く感じるようなら、もう少しレベルを下げてもらうこともできます。あまり下げ過ぎると効果も低くなりますので注意も必要なものの、そこは施術者と相談をしながらベストなやり方を模索してみるのが良いと言えます。

赤み対策の方法その1・処方薬を使用する

数日で消えてなくなるとは言え、赤みが出てしまうと気になってしまいますよね。一日でも早く症状を落ち着かせるためにも、施術後に処方されるお薬をきちんと使うように心掛けましょう。鎮静効果のある処方薬を出してもらうことができるため、せっせと塗ってケアをすることが大切です。

利用する医療機関によっては処方をしてくれないこともあるかもしれませんが、そういった場合は市販の軟膏でも対策できます。ただ闇雲に使用をすると肌への負担になる恐れもあるため、施術を受けたところの医師に相談をしてみるか、こちらからお薬の処方を依頼してみると良いでしょう。

赤み対策の方法その2・施術箇所を冷やす

施術後は肌が熱を持っている状態ですので、アイスパックなどを用いて冷やすのも有効です。きちんとケアをすれば炎症が治まるのも早くなるでしょう。

ただし、冷やし過ぎにはならないよう注意も必要。熱によって脱毛効果を発揮させる施術にもかかわらず、冷却をさせてしまうと効果が弱くなる恐れもあるのです。長時間アイスパックを使っていると、過剰に冷やす結果となりかねませんので気を付けなければいけません。

心配な場合は冷やしたタオルを使うのもおすすめと言えます。適度に冷やすことができ、脱毛効果を奪ってしまう心配もありません。タオルを使う場合は小まめに交換をしながら行うようにしましょう。

赤み対策の方法その3・保湿を行う

しっかりと保湿を行うことも欠かせません。施術を受けた後の肌というのは、本来持っているバリア機能が弱まっている状態で、刺激に対してデリケートになっています。その状態を放置しておくと、普段なら何でもないような刺激によって赤みが出やすくなってしまう恐れがあるのです。

そのためきちんと保湿を行い、刺激から肌を保護してあげることが必要不可欠。ただ、使用する保湿化粧水などが刺激性のある物ですと、それ自体が肌トラブルの原因になる恐れもあります。デリケートな肌状態の場合でも使える安全性の高い物を用意しておくのが安心です。

安全に使える物ならば特別、良い物を用意する必要もありませんのでコストもさほど掛からないはずです。脱毛を上手に行っていくための下準備として予め用意をしておけば、スムーズに対策も行えるでしょう。