アザがある場合のレーザー脱毛について

レーザー脱毛を受ける方は多く居ます。クリニック側も、レーザー脱毛を受けやすいようなコース内容や価格設定を設けるなど工夫を凝らしています。しかし、施術を受けるときに気になるのがアザです。もしアザができてしまった場合、施術は受けられるのか、どのような対応をすればいいのか、ここでは詳しくまとめてご紹介します。

アザがあってもレーザー脱毛はできるのか

結論から述べますと、アザがある場合レーザー脱毛はできません。レーザー脱毛は、肌のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えてムダ毛を無くす、という施術方法です。一度で全てのムダ毛が脱毛できるというわけではなく、何回も照射して徐々にムダ毛を取り除いていきます。

肌質や毛の状態、照射部位により異なりますが、どの部位も何回かに分けて照射して脱毛していきます。レーザー照射は他の肌より暗い毛の黒色のメラニンに反応するものですが、アザができてしまい他の肌と違う色になってしまった部分にも反応してしまいます。

このため、アザがある状態でレーザー脱毛はできません。また、レーザー脱毛は医療脱毛という点も理由の一つです。医療脱毛は医師免許を所持している医師やスタッフにより施術が行われます。このため、脱毛サロンより施術者の安全性を優先した施術ルールが設けられており、リスクのあるアザは脱毛できないと判断されることがほとんどです。

使用するレーザー機器は、サロンで使用する光脱毛の機器より高出力という点も理由の一つです。高出力なので一度で高い効果が期待できる分、短期間で終わらせられるというメリットがあります。しかし、その分肌にかかる負担も大きいので、アザのある部分にレーザー照射をすることはできません。

アザがある状態でレーザー脱毛をするとどうなるか

もしアザがある状態でレーザー脱毛を行うと、様々な肌トラブルが起こると考えらえます。まず、アザがある部分にレーザー照射を行うと、その部分にレーザーの光が集中してしまいます。高出力のレーザーが集中的に肌に当たると、その部分が火傷状態になってしまいます。

また、アザによってはレーザー照射で症状が悪化したり、治りが遅くなる可能性もあります。このように、アザがある状態でのレーザー照射は大きなデメリットが起こる可能性があるのです。また、レーザーがアザの部分に集中してしまうことで、他の部分の脱毛効果がなくなる可能性もあります。

医療脱毛にあたるレーザー脱毛は、1度の施術だけでも高い金額が必要です。コスト面から考えても、アザのある状態でのレーザー脱毛は止めておくべきと言えます。

場合によっては施術可能

アザがある場合、基本的に施術はできませんが、アザの状態によっては施術可能という場合もあります。アザの色が薄い、患部が小さいといった比較的軽い症状のアザであれば、レーザー照射をしても問題はないと判断されます。

ただし、これはレーザー脱毛を行うクリニックごとにより対応が異なるので、症状が軽くても一概に施術が可能とは言い切れません。契約前に、アザに対してはどのような対応をするのか、しっかりと確認しておくのが確実です。

アザができてしまったときの対処法

もしアザができてしまった場合、施術前にクリニックに連絡をしておきましょう。実際に患部を確認してから照射するかどうかを決めますが、事前に連絡しておくことで当日の施術がスムーズに進みます。施術当日はアザがある部分を医師や担当スタッフにしっかり伝え、きちんと対応してもらいましょう。

気が付かないでアザのある部分に照射してしまうと、前述のような肌トラブルのリスクが高まります。安心、安全に施術を行うためにも、アザの申告はきちんと行っておきましょう。自分でできる対処法としては、施術日までにアザを治しておくことが唯一できる方法です。

アザができてしまうと施術できない可能性が高くなってしまうので、なるべく当日までにアザを薄くしておきましょう。レーザー脱毛は次の施術まで期間が空くので、この間にできることをしておきましょう。アザができてしまった場合、まずは患部とその周りを冷やします。

冷やすことで血液の流れを外側から抑制し、炎症を抑えることができます。氷や保冷剤を直接肌に当てると逆効果なので、タオルやコットンに包んでから当てましょう。この方法はアザができてすぐにできる対処法です。見つけ次第すぐに行いましょう。

もしアザができたのに気づかず数日経ってしまった場合、今度は逆に温める方法が効果的です。患部を温めることでアザを治すための細胞の働きが活性化し、徐々にアザを薄くすることができます。

毎日の入浴でもできる手軽な方法なので、アザのある部分は特に意識して温めるようにしましょう。冷やしてもアザが治らなかった場合にも有効的なので、施術日まで温めてゆっくりと治していきましょう。アザが治るまでの間、患部に大きな刺激を与えないように注意しましょう。

締め付けのきつい衣服や下着などは避け、ゆったりとした服装にするのがおすすめです。体の内側から温める飲み物や食事を意識して摂取するのもおすすめです。アザの治りをサポートするだけでなく、幅広い健康効果や美容効果が期待できます。

アザがある状態でやってはいけないNG行動

アザが気になるからといって患部を頻繁に触ったり、強い力で押したり擦るのは止めましょう。アザのある部分に下手に刺激を与えると、治りが遅くなったり、症状が悪化する原因に繋がってしまいます。また、患部を冷やしたり温めるという方法は、あくまで体本来の持つ自己治癒能力に頼ったものです。

過剰なやり方や頻繁に行ったりすると、同じく治りが遅くなったり症状の悪化に繋がる恐れがあります。アザを自分で治す場合、焦らずしっかり治していきましょう。もし施術ができない場合でも、次回までに治っていたらクリニック側はきちんと対応してくれます。

アザができてしまった、施術が受けられないと焦るのは禁物です。きちんと申告しておき、次回までにしっかりと治しておきましょう。医薬品でアザを治すという方法もありますが、薬の種類によっては使用することで施術が受けられなくなる可能性も出てきます。

もし医薬品を使用する場合は、必ず事前にクリニックへ相談しましょう。内服薬、外服薬、どのような形態の医薬品でも自己判断で使用するのは避けましょう。