レーザー脱毛は青あざがある部分には施術することができない?

脱毛サロンなどの脱毛方法は、光(フラッシュ)脱毛とレーザー脱毛がメインとなっています。この2種類の脱毛方法はともに毛の黒色のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えて脱毛を行います。脱毛サロンで施術を検討している方の中には青あざがあっても施術可能なのか疑問に思っている方も少なくありません。

そこで青あざとレーザー脱毛の関係についてまとめてみました。

青あざがある部分にレーザー脱毛はダメ?

レーザー脱毛は医療脱毛サロンで施術を行うことになりますが、光脱毛と比べるとレーザー脱毛のほうが毛根に与えるダメージが大きいため、施術完了までの期間も短いです。またレーザー脱毛は肌の色と黒い毛の明暗の区別(コントラスト)が大切になり、もし青あざなどがある部分には区別(コントラスト)が難しくなります。

そのため、レーザーがうまく毛に照射することができず、脱毛効果が薄れてしまいます。

また、施術がうまくできないだけではなく、毛以外の皮膚にも照射されてしまうので、火傷をしたり施術後の痛みが大きくなってしまったりすることもあります。そのため青あざがある部分のレーザー脱毛は基本的にはNGになります。

青あざがあっても可能なケースは?

青あざがある部分のレーザー脱毛は、火傷の原因となったり、施術効果が薄れたりするため、基本的にはダメですが、青あざの色や状態によって施術が可能な場合があります。青あざの色があまり濃くなく薄い場合には施術ができる可能性がありますが、最終的には脱毛サロンの判断にて決定されることになります。

またサロンによって判断基準が異なりますから、施術を行いたい医療脱毛サロンでよく相談しておく必要があります。

青あざがある部分の脱毛をどうしても行いたい時は

青あざが目立つため、レーザー脱毛ができないと断られてしまう場合があり、打撲などのケガで青あざができた場合は、ケガが治り消えるのを待ってから施術を行います。しかし結婚式などのイベントまで時間がなく、青あざが治るまでに間に合わないため、どうしても早く施術したい場合があります。

そんな時にはニードル脱毛と呼ばれる施術方法で脱毛を行うことが可能です。ニードル脱毛は毛穴の1本1本に針を刺して電気を流すことで毛根に直接ダメージを与える方法です。この施術は皮膚の色に関係なく行えますが、料金も高く、痛みが大きく施術に時間がかかるのが欠点です。

しかし青あざ部分の脱毛は、そんなに範囲が広くないケースが多くピンポイントでの施術が可能ですから、時間も料金もそれほど高くならないため、試してみるのも1つの手です。また、蓄熱式脱毛と呼ばれる、毛包細胞に熱を与えて毛にダメージを与えて行う施術も青あざがあっても可能ですから、ニードル脱毛と蓄熱式脱毛の2つを検討してみるのもよいでしょう。

青あざ以外のホクロやかさぶたもレーザー脱毛はダメなのか

青あざ以外のホクロやケガ、かさぶたも同様に、レーザー脱毛は行うことができません。ホクロに生える毛は、元々生えやすくて太くて長くなりやすいですが、同じ黒い色をしている毛と判別ができない(コントラストが弱くなる)ため、レーザー脱毛をすると火傷や皮膚を傷めてしまう原因となります。

ホクロに生えた毛が気になり、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりする処理をすることがありますが、抜いた後皮膚の中で毛が生えてくる埋没毛になりやすく、皮膚が盛り上がってしまい目立ってしまうことがあります。ホクロの毛をどうしても処理したい場合は、毛根に電気を流して毛母細胞を破壊するニードル脱毛、または熱によって毛包細胞にダメージを与える蓄熱式脱毛の場合は施術が可能です。

例えばニードル脱毛を行うと痛みが強いですが、施術範囲が狭いホクロの脱毛は時間もお金もそれほどかからないため、高い効果が期待できます。それから、ホクロの毛の処理がどうしても気になる場合、ホクロ自体を除去して、その後脱毛を行う方もいらっしゃいます。

医療脱毛サロンの中には、シミやそばかす、ホクロの除去施術を行っているところが存在しますので、ホクロの除去施術も行っているクリニックを探してみるのも1つの手です。またケガやかさぶた部分の脱毛も、脱毛がきれいに行えなかったり火傷や痛みが強くなるためNGですが、かさぶたにシールなどを貼り、かさぶた周辺の脱毛は行うことができます。

それから、お肌が乾燥してカサカサになっている肘や膝などの間接部分も、そこにシールを貼って避けられてしまうことがあるため、乾燥した部分に生えている毛の脱毛施術ができないことがあります。

日焼けした場合、レーザー脱毛はできるのか

日焼けの状態によってはレーザー脱毛が行えないケースがあります。例えば、長時間の直射日光を浴びてヒリヒリと皮膚が痛くなり、赤くなっている場合は施術することができなくなります。それは炎症によって皮膚が赤くなっているため、軽いやけどをした状態と同様になります。

この状態でレーザー脱毛を行うと、痛みが強くなったり施術後にさらに赤くただれてしまったりする場合がありますから、施術を行うことができません。日焼けによって少し黒くなっている状態(炎症を起こしていない状態)であればレーザー施術は可能ですので、心配な場合は契約する前に医療脱毛サロンに相談してみることをお勧めします。

紫外線アレルギーがあってもレーザー脱毛は可能なのか

レーザー脱毛には紫外線が含まれていないため、基本的には紫外線アレルギーの方も施術可能ですが、紫外線を含めたすべての光にアレルギー反応を起こす方も中にはいます。光アレルギーの方の場合だとレーザー脱毛は対象に入ってしまいますから、施術を行うことができません。

光アレルギーの方がレーザー脱毛を行うと、赤くただれたり湿疹ができたりしますので、施術を断られてしまいます。紫外線に対してのみアレルギー反応が出る場合は施術可能ですが、すでに日光湿疹ができている部分においては施術ができないこともあります。

このように、レーザー脱毛は、青あざを始め、かさぶた・ホクロ・日焼けなどがある場合は施術ができません。また、毛抜き・カミソリ等での毛の自己処理で肌を傷めてからのレーザー脱毛も、状態によって施術が行えない場合がありますから、肌の痛みが治まってからの施術をすることが基本となります。

肌に傷がある状態でレーザー脱毛を行うと、患部の状態が悪化する可能性がありますから、脱毛サロンのカウンセラーの方とよく相談することが大切になります。